院長ブログ

2022.07.17更新

ブログをご覧いただきありがとうございます。
西調布犬猫クリニックで受付をしています森田と申しますsheep

連日猛暑が続いていますね。
暑さのせいか体調を崩すわんちゃんねこちゃんが当院にも毎日のように来院されています。
わんちゃんはヒトよりも熱中症になりやすいため、特に注意が必要です。
本日は熱中症について簡単にお話しさせて頂きたいと思いますpencil1

熱中症とは、高温多湿な環境に長時間いることで、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態のことを言います。そのため、熱中症は屋内でも屋外でも起きますので、夏の時期は常に注意が必要ですehe

わんちゃんは汗をかくことがほとんどできないため、体温調節が苦手です。体にこもった熱は主に「パンティング」と呼ばれる呼吸で調節します。特に短頭種と呼ばれる犬種(ブルドッグ、パグなど)の子や肥満の子はすぐに体温が上がってしまい、また体温が下がり難いため、より注意が必要です。
暑い日にハァハァとした呼吸を始めたら、すぐに体を冷やしてあげると熱中症対策には効果的です。最近では体を冷やすお散歩グッズが豊富にありますので、うまく使ってあげてください。もちろん、水分補給も重要ですので、こまめな給水もお願いしますnico

長時間「パンティング」の状態が続いていると、体温はどんどん上昇し、ついには熱中症になってしまいます。そうならないように、夏の間はしっかり予防してあげてください。

万が一、熱中症になった場合や疑わしい場合は、すぐに動物病院を受診してください。
早期に治療ができればすぐに良くなります。
しっかり対策/予防をして、快適な夏をお過ごしください!汗

投稿者: 西調布犬猫クリニック