お知らせ

2014.04.05更新

今日はいいお天気ですね。絶好の花見日和ですね〜cherryblossom


突然話は変わりますが最近、夜間の救急診療に来る患者さんで尿路結石が非常に多いですね。特に猫さんの尿道閉塞(尿閉)や特発生膀胱炎が多いですsweat02

おしっこが出ない、トイレに何度も出たり入ったりしている。いろんな場所でおしっこをするなどで来院されますwobbly

触診や超音波で確認すると膀胱がパンパンになっていて、腎臓の数値もかなりあがっていたりと、丸一日おしっこが出ていなかったのではないかと思うケースもあります。bearing

多頭飼いのご家庭だとなかなかみんながおしっこしているのか確認することは難しいですよねtyphoon

気をつけるポイントとして陰茎をよく舐めていたり、おしっこの時間が長かったり、トイレの回数が増えるなどの症状があります。これらが見られたら一度診察に来ていただくと安心ですよねwink

尿路結石や特発生膀胱炎にはPHコントロールやc/などのゴハンが有効ですのでご相談ください

投稿者: 西調布犬猫クリニック

entryの検索

カテゴリ