2016.05.11更新

ネコさんの大腿骨(ふともも)の骨の骨折です。
骨折の治療法はたくさんあります。どういった方法で治すかは難しいところです。
まず一番に考えなくてはいけないことは骨になるべく触らないで治せないかと言うことです。
骨折の手術の際に骨をたくさん触ると体が骨折を治そうとしているのにそれを邪魔してしまうことがあるのです。もちろん折れた骨同士のズレが大きければズレを治さなければ骨がとんでもない形でくっついてしまったり、くっつかないことも多々あります。ゆえにまったく触らないことは困難なのでなるべく触らないように治すことができれば体が治そうとしているのを邪魔せずに治すことができます。
具体的にどうすればいいのか?それがとっても難しいのです。まず骨へ十分に血液が流れていくことが重要です。そのためになるべく骨から筋肉を剥がさないようにするのです。必要最低限にとどめるということがとっても重要です。ではどういった固定方法がいいのか?一番は骨折のズレを治してギプスで固めてしまう方法です。しかし動物ではギプスで治すと言うことは現実的にはほぼ不可能です。数ヶ月間安静にできませんし、ギプスを必死で取ろうとしますから。































投稿者: 制作