お知らせ

2013.08.25更新

 立川の動物病院で働いていた頃から診させていただいていたワンちゃんがおりまして、私を頼ってわざわざ当院まで来ていただいておりました。慢性疾患を抱えながらこれまで順調にきていましたが最近になって、からだの不調を訴え、薬を変えたり減らしたりしておりましたが改善せず2週間の入院治療。結局元気な姿でお家に帰すことはできませんでした。入院中、「そのコのためならどんなことでもしてあげたい」という飼い主様の熱意とともにありったけの気持ちで治療に向かったのですが私の力が足りませんでした。ここまでやってもダメなのかという思いと他にどんな救う方法があったのかという思いで眠れませんでした。
 そんな時に飼い主様に絵本をいただきました。飼い主様が描いた絵本です。私やスタッフ、私の家族、ポーリー(私の飼い犬)、おもち(当院の猫)に対して、似顔絵と亡くなったワンちゃんの感謝の言葉を綴っていただいております。
 涙がでました。ものすごくチカラになりました。また頑張れます。


投稿者: 西調布犬猫クリニック